発毛を促進するために

発毛させるには、髪が薄くなる原因をよく理解しておくことが必要です。抜け毛の原因は、遺伝だけではなく、加工食品などを大量に摂取したり、外食したりする機会が多くても薄毛の原因となるのです。加工食品を頻繁に食べたり、外食を頻繁にしていると、栄養が偏りますので、発毛や育毛を阻害する原因となってしまいます。加工食品や外食だと、炭水化物や脂質を摂り過ぎる傾向にあり、ビタミン類やミネラル、繊維質が不足しやすくなってしまうため、身体が酸化して健康を損ねるだけではなく、発毛や育毛できる環境においても悪化してしまいます。また、ミネラルは、細胞や酵素の働きを高める役割がありますので、食生活においてミネラルを摂ることは、発毛や育毛にも効果が期待できるのです。また、生活習慣の乱れも、発毛や育毛を阻害する原因となります。睡眠不足や寝付きが悪かったり、眠りが浅いなどの睡眠の質の低下や、夜更かしをするとストレスが溜まってしまいます。

自律神経が乱れることにおって、肌や育毛において大切な成長ホルモンがあまり分泌しなくなり、それが、発毛や育毛にも悪影響を及ぼすのです。成長ホルモンが分泌されるには、夜10時から夜中の2時までの間、睡眠をとることが非常に重要です。この時間帯に眠ることによって、成長ホルモンが分泌され、肌の新陳代謝が活発化されるのです。頭皮の新陳代謝が活発化されないと、育毛や発毛において、いい影響を及ぼしません。顔などの肌のためだけではなく、育毛や発毛を促進するためにも、この時間帯はなるべく睡眠をとるようにしましょう。

[管理人推奨リンク]
発毛治療を専門に行っている発毛クリニックのサイトです → 発毛